ベトナム 怪しい テーマパーク

ベトナムにある少し怪しいテーマパークについて

ベトナムにある少し怪しいテーマパークについて

少し怪しいテーマパークがベトナムにあるようなので、紹介していきたいと思います。 それは、「スイ・ティエン公園」という所です。 そしてこのテーマパークは、世界一怪しいテーマパークと言われているのです。

スイ・ティエン公園と言われていますが、見た目は全くと言っていいほど公園とは思えない園内になっています。そしてこのテーマパークは、お寺が作ったと言われています。

スイ・ティエンが出来る前は、もともと林や沼ばかりの土地だったそうですが、ベトナム戦争後は革命軍の拠点になっていました。

またスイ・ティエンとは妖精の泉という意味で、テーマパークの名前の由来は、その林の中の泉には7人の女神が宿っているという伝説があることから、この名前が付けられたようです。

またスイ・ティエンには、プールや水族館・遊園地・ワニ釣りなどさまざまなことが楽しめる超巨大アミューズメントパークになっているのです。

そして園内の規模は、105ヘクタールで、ディズニーランドとディズニーシーを合わせた大きさよりも大きいようです。 また極彩色なので、罰当たりな感じもあるアトラクションもあり、各伝統や伝説がダイナミックで鮮やかに表現されているので、外国人には、奇抜に見えるようです。 またひとつひとつのオブジェの大きさがとても大きく、カラフルな物が多いですし、 細かいところまで、手を抜かずに作られているのです。 オブジェの迫力がすごいので、小さい子供が見たら少し怖がってしまうかもしれません。 怖い物もありますが、「え!なにこれ!!」と思ってしまうような面白いオブジェもいくつもあります。 そしてお寺だからなのか仏像なのか仏像型のオブジェなのかはよくわかりますが、園内に多くあるようです。

園内の内容が濃すぎるので、園内を回ると他のどこにもない怪しいテーマパークの虜になってしまうのかもしれませんね。 アトラクションは、観覧車やジェットコースター、お化け屋敷の他にも3Dシアターなどのアトラクションがあるようです。 公園の入場料自体は、非常に安いようです。そして個々のアトラクションで個別に料金を払うような形になっているようです。 そうなると、アトラクションの料金って高いの?と気になると思いますが、どのアトラクションも日本円でおよそ47円~190円くらいで楽しむことが出来るようです。

またワニ釣りでは、釣竿の先に鶏肉を付けた物を池に垂らして、ワニを釣ることが出来るようです。 ワニ釣りと言われていますが、実際にワニを釣り上げる訳ではなく、餌よりみたいなものだそうです。ワニに餌やりをする所はあまりないので、楽しそうですね。

園内に森もあるようですし、疲れたら休むためのベンチなどもしっかりあるようです。 またお酒を飲みながら楽しむこともできるようなので、子供だけではなく大人も楽しむことが出来るのではないでしょうか。

他にも、園内にあるプールがすごいと有名です。 プールに入るにはまだ別料金がかかってしまいますが、プールも怪しいです。 プールの所には、大きな人面山のようなモニュメントがあります。その大きさは約70mだそうです。 大きい過ぎますね!!そしてこれも迫力があるので、プールに入っているのを見られているような感じになります。 また人面山以外にも、たくさんのモニュメントがありますし、また子供が楽しむことが出来るような滑り台のようなものを設置されています。

他には、ウォータースライダーも変わっています。 ウォータースライダーの形が竜になっていて、竜の口から出てきて、プールに入る感じになっています。 竜もリアルに作られているので、少し怖いような雰囲気があります。

また園内には売店があり、ジュースやお菓子、アイスなども販売しているようですし、フルーツの屋台もあるようなのです。 そして洋服が販売されている所もあるようです。

お寺が作ったテーマパークは、他にはどこにもないと思いますし、このような怪しいテーマパークは他にはどこにもないと思います。

またプールや水族館、遊園地、ワニ釣りと園内で一気に楽しむことが出来るのであれば、飽きることがなく、さまざまなことが楽しめるのではないでしょうか。

そして子供というのは、なんでもすぐに飽きてしまうものですが、このように多くのものが一緒になっているテーマパークであれば、飽きることなくずっと楽しむことが出来ると思います。また子供ひとりひとりでやりたいことが違うと思うので、親が1人ずつ付いてあげることが出来れば、別々に楽しむことも出来るのでいいのではないでしょうか。

ディズニーのような所ももちろんすごく人気で、子供から大人まで楽しめることが出来ること間違いなしですが、このような少し怪しいテーマパークも、他とはまったく違いますし、あまりないような所に行って楽しみたいと思う人であれば、おすすめかと思います。

1つの園内で、一気にさまざまなことを楽しむことが出来る所が、このテーマパークの魅力でもあると思うので、ベトナムに行くような機会があれば行ってみてはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP