アメリカ テーマーパーク

アメリカのテーマーパークについて

アメリカのテーマパークについて書いていきたいと思います。 アメリカには、世界中から観光客が訪れるような人気なテーマパークが多くあるのです。

1つ目は、マジック・キングダムです。
マジック・キングダムを知っている人は、多くいると思いますが、フロリダ州のオーランドにあるウォールト・ディズニー・ワールドリゾート内にあるテーマパークの1つです。 このテーマパークが東京のディズニーランドのモデルにもなっているのです。 シンデレラ城を中心にして7つのテーマランドがある遊びの大国と言ってもいいでしょう。アトラクションの数も40以上あるので、色々なアトラクションを他の住むことが出来るでしょう。 そしてアメリカのショーはとてもレベルが高いようなので、どのよな違いがあるかなどを見るのも楽しいそうです。 またディズニー・カリフォルニア・アドベンキャーパークには、子供向けのアトラクションが多くあり、小さい子供でもたくさん楽しむことが出来るテーマパークになっています。 小さい子供がいるご家庭であれば、こちらの方が子供は楽しむことが出来るかもしれません。

2つ目は、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドです。
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、ロサンゼルスにある映画スタジオ&テーマパークです。 エリアが2つに分かれていて、アッパー・ロットとロウアー・ロットがあり、エスカレーターで繋がっているようです。 ユニバーサル・スタジオでは、ハリウッドで人気の映画であるキング・コングやジョーズなどを元にしたアトラクションが組み込まれているようです。 また人気アニメであるシュレックの4D映画やウォーターワールドを元にして作られた水を使ったスタンドショーもあるようです。 日本にはUSJがありますが、また別な物と言った感じに思えます。

3つ目は、シーワールドです。
シーワールドは、サンディエゴにある海洋テーマパークです。 シーワールドで人気になっているのが、シャチショーやイルカショーです。 やはりイルカショーのようなものは、日本問わず好きですよね。 このような物があるので、水族館みたいと思う人もいるかもしれませんが、水しぶきがかかる水上コースターや本物さながらの激流下りなども乗り物もあるようです。 日本でイルカショーが見れて、水上の乗り物が乗れるような所はないですよね!! またシャチの芸を見ることが出来る、シャチのロックンロールナイトショーという物もあるようで、これもおすすめみたいなので、行く人は是非見てみるといいでしょう。

4つ目は、LEGOランド・カルフォルニアです。
LEGOブロックは、日本でも特に男の子が好きなおもちゃだと思います。 名前の通りLEGOブロックのテーマパークなのです。 このテーマパークに使われているブロックの数は、2000万個を超えているようです。 またブロックでニューヨークやサンフランシスコなどの街並みを再現しているようです。 そしてLEGOブロックをイメージして作られたコースターなどもあるようです。 私の息子もブロックが好きでよく遊んでいるので、アメリカに行くことがあれば、是非行って見たい所です。 特に男の子なら、連れて行ってあげると喜ぶこと間違いないと思います!!

5つ目は、ワイルドアニマルパークです。
ワールドアニマルパークは、サンディエゴにある世界最大のサファリパークです。 敷地の大きさは、約9㎞もの広大な敷地で、サバンナやジャングル、アメリカの自然などをテーマにしていて、動物の種類は約400種で、数は3200頭いるようです。 人気の動物はライオンで、ライオン・キャンプという物でライオンの群れが迫力満点だそうです。 また象の家族を見ることが出来るエレファント・オーバールックという物があるようです。 そして園内を回るのには、モノレール・トラム・気球に乗って見るなど、さまざまな楽しみ方が出来るようです。 気球に乗って、空から一望できる所はなかなかないので、楽しそうですね♪

この他にも、さまざまなテーマパークがあります。どこに行くは自分次第ですが、ディズニーが好きな人は、アメリカのディズニーにも行って見るといい思い出になるかと思います。 日本とはまた違うディズニーを楽しむことが出来るでしょう。

テーマパークであっても、国によってやはり違いがあるので、その国ならではのテーマパークを楽しむといいでしょう。

男の子がいるご家庭であれば、LEGOランドなどいかかでしょうか。私はすごく気になっています。 またアメリカでしか楽しむことが出来ない物がたくさんありますし、アメリカでしか買うことが出来ないお土産なども多くあると思います。

もし旅行で行くのであれば、あらかじめどこに行くのかを考え計画して、さまざまな所に行って楽しむといい思い出作りが出来るのではないでしょうか。 また大人だけで行くのか、家族全員で行くのかでも、行くテーマパークが違ってくると思うので、子供が一緒であるなら、子供でも行けるような所を中心に選ぶようにしましょう。

↑ PAGE TOP